作者:胡喆 陈府申  金融资本部 金杜律师事务所 

 

上海证券交易所于上周五发布了《上海证券交易所公开募集基础设施证券投资基金(REITs)业务办法(试行)(征求意见稿)》(以下简称“业务办法”)及《上海证券交易所基础设施证券投资基金(REITs)发售业务指引(试行)》(以下简称“发售指引”, 与业务办法统称“配套规则”), 并向社会公开征求意见。 Continue Reading 打通公募REITs全流程的最后一公里 ——简评上交所公募REITs配套规则

作者:邰红文平、葛永奇、侃、袁元

者:郭煜

三、典型的案件

試験的学科であるため、バイオテクノロジー分野の予測可能性は低く、特許審査では技術的効果の予期可能の程度について、常に論争が生じている。例えば、審査官は、発明の技術的効果が予期できないため請求項が明細書にサポートされていないと主張する可能性がある。また、その逆、本分野において原理的な指導や、具体的な方向性のない普遍的な技術的要求のみが存在する場合に、従来技術が改良の動機を与えており、技術的効果が合理的に予期できると主張する可能性もある。このような審査意見は、確実な証拠がない場合には反論することが非常に難しい。以下、具体例をいくつか挙げて、上述の状況を説明する。 Continue Reading 注目のバイオテクノロジー分野特許出願の戦略と提案

著者:楊宏軍 牛蔚然

今年の世界知的所有権の日(4月26日)に、国家知識産権局は2019年度特許復審・無効10大審判事件を公示した。このうち、3件は化学・医薬品分野の発明に関するものであり、その中の2件の特許権者は日本企業である。これらの事件は、社会的影響が大きく、焦点となる問題が典型的であることから、10大事件として抽出されており、これらの具体的な事件における国家知的財産権局復審・無効審理部の判断は、将来の実体審査及び審判に対して大きな影響を与えるものと考えられる。とりわけ、類似の事件においてそれを援用・活用することもできると思われる。 Continue Reading 2019年度特許復審・無効10大審判事件(化学・医薬関連)紹介

著者:徐静、葉万理

2020年7月12日、浙江省高級人民法院、浙江省人民検察院、浙江省公安庁は、「知的財産権刑事事件における法律適用の若干の問題に関する会議要旨」(浙高法[2020]83号、以下「要旨」と称する)を公布し、浙江省における知的財産権をめぐる刑事案件に関し、実務上論争となる問題について統一を図った。「要旨」は計15条あり、このうち11条は商標権侵害罪に関する。中でも参考に値する内容として、以下のものが挙げられる。 Continue Reading 浙江省の警察・検察庁・裁判所による知的財産権刑事事件における法律適用問題に関する会議要旨

著者:徐静、葉万理

2020年7月22日、上海市高級人民法院(以下「上海高院」と称する)は、職務発明者・創作者の奨励・報酬に関し陳氏がA公司を提訴した係争案件に対し終審判決を下し(以下「A案件」と称する)、被告A公司に対し、原告に職務発明報酬として人民元15万元を支払うよう命じた。当該案件は、2015年に広く注目を集めた職務発明者・創作者の奨励・報酬に関し張氏らがB公司を提訴した係争案件(以下「B案件」と称する)に続き、上海高院が約定優先原則を再度明確化し、従業員・雇用者間の職務発明報酬約定の合法性及び合理性を審査した後、案件の事実を総合的に勘案し報酬金額を決定したものである。本短評では、関連法規及び案件例を参照しつつ、裁判所が職務発明報酬係争案件を審理する際の構想を顧みるとともに、雇用者に対し提案を行う。 Continue Reading 職務発明報酬に関する係争における報酬決定の原則——職務発明者・創作者の奨励・報酬に関し陳氏がA公司を提訴した係争案件についての短評

著者:馬立栄

日本の『発明』誌は、9月号において、金杜法律事務所知的財産グループの責任者を務めるパートナー弁護士・弁理士の王茂華にスペシャルインタビューを行った。王は、そのキャリアを踏まえ、中国知財分野の概況、知財強国建設に向けた中国の政策、中国のビジネス環境を改善するための知財関連法令の整備、知財裁判の典型事例・最新動向について詳細に紹介した。今年の上半期は、新型コロナウイルスの流行や中米貿易対立といった不安要素が多い中、中国の知財市場は相変わらず活況を呈している。詳細は以下をご覧いただきたい。 Continue Reading 王茂華氏に聞く―中国知財事情―

By Tina Tai, Chen Wenping, Ge Yongqi, Chen Kan, Yuan Yuan  King & Wood Mallesons’ IP group

III. Typical cases

As a typical experimental science, the predictability in the field of biotechnology is quite low. In patent examination, there are often some disputes over the predictability of technical effects. For example, the examiner may hold that the technical effects of the invention are unpredictable and the claims cannot be supported by the specification. Or, on the contrary, when there are only theoretical teachings or only general technical demand without specific technical questions, the examiner may believe that the prior art provides a motivation and the technical effect can be reasonably expected. However, this relatively subjective opinion cannot be successfully rebutted without solid evidence. The following are just a few examples to illustrate the above situation. Continue Reading Strategies and Suggestions for Patent Applications in the Hot Field of Biotechnology

By Xu Jing,Ye Wanli King & Wood Mallesons’ IP group

On July 22, 2020, Shanghai Higher People’s Court (“SHC”) issued its final judgment on an inventor remuneration dispute between Chen and Company A (“Company A”), and ordered the defendant to pay inventor remuneration to the plaintiff in an amount of RMB 150,000. This case follows another case decided by SHC in 2015 – Zhang v. Company B (“Company B”), where SHC restated the principle that a mutual contract or a lawful reward and remuneration policy overrides the default legal scheme, and granted a discretionary award for the inventor-employee after review of lawfulness and reasonableness and consideration of all relevant factors. This note is an overview of Company A and the current law and practices ended with our recommendations to employers. Continue Reading Notes on a Recent Inventor Remuneration Dispute

By Yang HongjunNiu Weiran King & Wood Mallesons’ IP group

On April 26, 2020 (the World Intellectual Property Day), the China National Intellectual Property Administration (CNIPA) announced the top 10 patent reexamination & invalidation cases of 2019. Continue Reading Introduction to 2019 Top Ten Patent Reexamination/Invalidation Cases (Pharmaceutical/Chemical)

作者:邰红陈文平、葛永奇、谌侃、袁元 金杜律师事务所知识产权部

三、典型案例

作为典型的试验学科,生物技术领域可预见性低,在专利审查中常常出现针对技术效果可预期程度的争议,例如,审查员可能主张发明的技术效果是无法预期的从而权利要求得不到说明书的支持,或者相反,在本领域仅存在原理性的教导或不具有具体指向的普遍技术需求的情况下,认为现有技术给出了改进动机,且技术效果能够合理预期。而这种相对主观的审查意见在没有确实的证据的情况下却很难成功反驳。以下仅举数例说明上述情形: Continue Reading 热点生物技术领域专利申请策略与建议(2)