职务发明创造,根据《专利法》和《专利法实施细则》的规定,是指员工执行所在单位的任务或者主要是利用所在单位的物质技术条件完成的发明创造(以下简称“职务发明”)。职务发明完成后,将该职务发明申请专利并获得授权的权利属于该发明人所在的单位,但同时单位应当按一定标准向发明人或设计人(以下统称“发明人”)支付奖励和报酬。
Continue Reading 一篇文章教你看懂职务发明——职务发明常见争议点梳理(下)

在如今这一社会经济飞速发展的时代,知识产权保护已经成为各行各业重视的核心问题之一。然而,当企业“常在江湖走”,难免一不留神落入侵犯他人知识产权的境地,例如收到知识产权侵权律师函、被行政机关上门查处,或直接被法院进行证据保全、收到法院传票等等。此时,企业应如何在这一知识产权诉讼危急时刻作出及时应对和灵活处理,在诚信守法、厘清事实的同时将企业的知识产权侵权风险和可能出现的损失降到最低,就显得尤为重要了。本《企业应对知识产权诉讼危机秘籍》系列将涵盖知识产权侵权律师函(法律函)应对策略、知识产权行政查处应对策略、应对知识产权侵权诉讼策略三大部分,旨在为企业打造一套面对知识产权诉讼危机时刻的避险指南。
Continue Reading 企业应对知识产权诉讼危机秘籍——律师函/法律函应对篇

专利制度中,单一性原则的提出主要是便于专利局对专利申请进行处理、检索和审查,便于权利人行使权利、承担义务,便于法院和专利行政执法部门处理专利纠纷,也便于公众有效利用专利文献,为各国所普遍采用。单一性虽非授权实质要件,但因影响授权过程以及申请人经济负担,仍属于受到重点关注的问题之一。
Continue Reading 单一性不简单——中欧审查规则初探

新冠疫情肆虐全球,通过疫苗进行免疫预防是各国应对疫情的重要抓手;此外,免疫疗法在治疗恶性肿瘤等疾病中的应用也日趋成熟。抗体药物作为免疫治疗领域的重要发展方向,如何为其提供相适应的专利保护已成为各国知识产权实务中的焦点。国家知识产权局在2021年1月15日起正式施行的新版《专利审查指南》(以下简称“我国新指南”)中,对化学和生物相关的实质审查内容做出了较大调整,其中即包括对单克隆抗体专利审查标准的完善。
Continue Reading 抗体专利审查实务—以新版EPO审查指南为视角

我国知识产权领域的惩罚性赔偿制度首次体现在2013年修订的《商标法》中,并在2019年被吸收进修正的《反不正当竞争法》中。近年来,随着我国逐步加强对知识产权的保护力度,全面确立知识产权领域的惩罚性赔偿制度已经成为业内共识。2020年制定的《中华人民共和国民法典》中,概括性地规定了知识产权领域的惩罚性赔偿制度。与此相适应地,2020年修正的《著作权法》、《专利法》中均规定了一至五倍的惩罚性赔偿制度,与2019年修正的《商标法》、《反不正当竞争法》保持统一,我国知识产权领域的惩罚性赔偿制度已经基本确立。但《民法典》及各知识产权部门法中关于惩罚性赔偿制度的规定均是概括性的,因而缺乏具体及明确的适用指引,且存在部分措辞及内容上的差异,导致在实际适用中存在一定困难。为了更好地落实知识产权惩罚性赔偿制度,最高人民法院审判委员会于2021年2月7日通过了《关于审理侵害知识产权民事案件适用惩罚性赔偿的解释》(以下简称“《解释》”),并于2021年3月3日起施行。《解释》共7个条文,对知识产权民事案件中惩罚性赔偿的适用范围、请求内容和时间、故意和情节严重的认定、计算基数和倍数的确定等作出了具体规定。现对该解释的重点条款解读如下,供读者参考。
Continue Reading 《关于审理侵害知识产权民事案件适用惩罚性赔偿的解释》简评

根据中国民事诉讼法的相关规定,专利民事侵权案件的当事人应当履行法院的生效判决、裁定等,对于拒绝履行的,对方当事人可以在该判决、裁定等的生效日、或者该判决、裁定规定的履行期间的最后一日算起的两年内向法院申请执行。鉴于申请执行时效适用民诉法关于诉讼时效中止、中断的规定,而且还要避免时间上拖延后负有赔偿责任的当事人转移财产等,在专利民事案件裁决生效后,胜诉的权利人要尽快和侵权方沟通,要求侵权方履行生效裁决。权利人可以在沟通无果后或者直接申请法院强制执行。
Continue Reading 中国专利民事侵权案件裁判执行问题简介

李輝 龐淑敏

今年国家知識産権局から公示された2019年度特許復審・無効十大審判事件のうち、電気分野に関わる事件が二件ある。これらの事件は、社会的影響が大きく、焦点となる問題が典型的であることから、十大事件として選出されており、これらの具体的な事件における国家知識産権局復審・無効審理部の判断は、将来の実体審査及び審判に対して大きな影響を与えるものと考えられる。とりわけ、類似の事件においてそれを援用・活用することもできると思われる。
Continue Reading 2019年度特許復審・無効十大審判事件(電気分野関連)

改正後の中華人民共和国専利法(以下、新専利法という)は、202161日より施行される。意匠出願に関して、新専利法では、いくつか注目されるべき重要な変化がある。

蘇娟 北京市金杜法律事務所 弁護士

一、部分意匠は出願可能になる

専利法第2条第4項は、「意匠とは、製品の全体又は部分の形状、模様又はその結合、及び色彩と形状、模様の結合について作り出された、美観に富み、工業的応用に適した新しい設計をいう。」に変更された。
Continue Reading 2021新専利法の実施による意匠出願への影響

作者:邰紅、韋嵥

译者:韋嵥

近年、習近平総書記を中心とした中国共産党中央は、「創新は発展をリードする第一の原動力であり、知的財産権を保護することは創新を保護することである」、特に「新興分野や業態の知的財産権保護制度の建設を加速させなければならない」と繰り返し強調している。生物医薬産業が公衆の健康に関わる重要な産業であるため、中国共産党中央と国務院は、『承認審査制度の改革及び医薬品・医療機器の創新の推進に関する意見』や『知的財産権保護の強化に関する意見』など多くの通知において、当該分野の創新を推進し、関連する知的財産権保護制度を確立するよう、強調している。その中で、「医薬品・医療機器産業の構造を調整し、技術創新を促進し、産業競争力を高める」、「特許権者の合法的権益を保護し、後発薬の特許侵害リスクを低減し、後発薬の発展を奨励する」という趣旨の元に、医薬品許可特許連携制度の確立を模索することは、すでに繰り返し言及される重要な任務となっている。
Continue Reading 中国医薬品許可特許連携制度の考査