李輝 龐淑敏

今年国家知識産権局から公示された2019年度特許復審・無効十大審判事件のうち、電気分野に関わる事件が二件ある。これらの事件は、社会的影響が大きく、焦点となる問題が典型的であることから、十大事件として選出されており、これらの具体的な事件における国家知識産権局復審・無効審理部の判断は、将来の実体審査及び審判に対して大きな影響を与えるものと考えられる。とりわけ、類似の事件においてそれを援用・活用することもできると思われる。
Continue Reading 2019年度特許復審・無効十大審判事件(電気分野関連)

改正後の中華人民共和国専利法(以下、新専利法という)は、202161日より施行される。意匠出願に関して、新専利法では、いくつか注目されるべき重要な変化がある。

蘇娟 北京市金杜法律事務所 弁護士

一、部分意匠は出願可能になる

専利法第2条第4項は、「意匠とは、製品の全体又は部分の形状、模様又はその結合、及び色彩と形状、模様の結合について作り出された、美観に富み、工業的応用に適した新しい設計をいう。」に変更された。
Continue Reading 2021新専利法の実施による意匠出願への影響

作者:邰紅、韋嵥

译者:韋嵥

近年、習近平総書記を中心とした中国共産党中央は、「創新は発展をリードする第一の原動力であり、知的財産権を保護することは創新を保護することである」、特に「新興分野や業態の知的財産権保護制度の建設を加速させなければならない」と繰り返し強調している。生物医薬産業が公衆の健康に関わる重要な産業であるため、中国共産党中央と国務院は、『承認審査制度の改革及び医薬品・医療機器の創新の推進に関する意見』や『知的財産権保護の強化に関する意見』など多くの通知において、当該分野の創新を推進し、関連する知的財産権保護制度を確立するよう、強調している。その中で、「医薬品・医療機器産業の構造を調整し、技術創新を促進し、産業競争力を高める」、「特許権者の合法的権益を保護し、後発薬の特許侵害リスクを低減し、後発薬の発展を奨励する」という趣旨の元に、医薬品許可特許連携制度の確立を模索することは、すでに繰り返し言及される重要な任務となっている。
Continue Reading 中国医薬品許可特許連携制度の考査

馬立栄、郭煜、王娟娟

金杜法律事務所 特許部

第四次専利法改正にともなって、中国国家知識産権局は専利法実施細則の改正案(意見公募案)を2020年11月27日に公開し、意見公募を行った。その改正に意見がある場合、2021年1月11日までに電子メール(tiaofasi@cnipa.gov.cn)又はファックス(86-10-62083681)にて提出可能である。
Continue Reading 中国専利法実施細則改正の意見公募案について

Written by: Hui Li, Shumin Pang

In the top 10 patent reexamination & invalidation cases of 2019 announced by the China National Intellectual Property Administration (CNIPA), two are related to electrical technologies.  According to the CNIPA, these cases were selected for their guiding value in certain topics typical for patent examination, as well as the considerable social attention focused on them.  The opinions reflected in the Decisions of these cases would undoubtedly impose great influence on the practices of both substantial examination and invalidation, and can be cited as supporting reference or evidence to benefit similar cases.  Therefore, we summarize below the case brief and introduce focuses of the two invalidation cases of Electrical and Electronic invention.
Continue Reading Introduction to 2019 Top Ten Patent Reexamination/Invalidation Cases (Electrical and Electronic Cases)

Written by :Tai Hong、Wei Jie

Translated by :Cheng Cheng

In recent years, the Central Committee of the Central Committee of the Communist Party of China (“CPC”) with General Secretary Xi Jinping at the core leader has repeatedly stressed that “innovation is the first driving force to lead development, and protection of intellectual property rights is to protect innovation”, especially “to accelerate the construction of intellectual property rights protection system in emerging fields and business types.”  As an important industry related to public health, the Central Committee of the CPC and the State Council have also proposed to promote relevant innovations and set up a supporting protection mechanism in intellectual property in several documents such as the Opinions on Deepening the Reform of the Evaluation and Approval Systems and Encouraging Innovation on Drugs and Medical Devices and the Opinions on Strengthening the Protection of Intellectual Property Rights.   Among them, under the purposes of “promoting structural adjustment and technology innovation in drug and medical device industries, improving industrial competitiveness” and “protecting the lawful rights and interests of patentees, reducing the risks of patent infringements by generic drugs, and encouraging the development of generic drugs”, exploring and establishing a drug patent linkage system has become an important task repeatedly mentioned.
Continue Reading Preliminary Discussion on Chinese Drug Patent Linkage System

作者:李辉 庞淑敏 知识产权部 金杜律师事务所

国家知识产权局公布的2019年度专利复审·无效十大案件中,有2件是电学领域的专利无效案件。这些案件因其社会影响较大、焦点问题具有典型性而入选十大案,国家知识产权局复审和无效审理部在这些具体案件中的认定对于未来的实体审查和无效审判会有较大影响,在类似案件中也可援引和活用。我们在此对这2个案件及其焦点问题进行简要介绍。
Continue Reading 2019年度专利复审无效十大案件介绍(电学案件)

我国现行《专利法》于1985年实施,并分别于1992年、2000年、2008年进行过三次修改。为适应时代发展,根据国务院2012年立法工作计划,国家知识产权局研究起草《中华人民共和国专利法修改草案(征求意见稿)》并于2012年8月10日向社会公布并征求意见,此后专利法修改草案数易其稿。2020年10月17日,第十三届全国人民代表大会常务委员会第二十二次会议通过了《关于修改的决定》,修改后《专利法》自2021年6月1日起施行。第四次《专利法》修改历时8年之久。
Continue Reading 第四次《专利法》修改简评

2020年7月22日,上海市高级人民法院(“上海高院”)就陈某诉A公司职务发明人、设计人奖励、报酬纠纷一案作出终审判决(以下简称“A公司案”),判令被告向原告支付职务发明报酬人民币15万元。该案是继曾在2015年引起广泛关注的张某等诉B公司职务发明人、设计人奖励、报酬纠纷案(“B公司案”)之后,上海高院再次明确了约定优先原则,在对员工与用人单位关于职务发明报酬约定进行合法性和合理性审查后,综合案件事实确定报酬金额。本文结合相关法律规定及案例,对法院审理职务发明报酬纠纷案件的思路进行回顾,并提出对于用人单位的建议。
Continue Reading 简评陈某诉A公司职务发明报酬纠纷案

今年国家知识产权局公布的2019年度专利复审·无效十大案件中,有3件是化学、医药领域的发明专利无效案。这些案件因其社会影响较大、焦点问题具有典型性而入选十大案,国家知识产权局复审无效部在这些具体案件中的认定对于未来的实体审查和无效审判会有较大影响,在类似案件中也可援引和活用。我们在此对这3件发明专利无效案件及其焦点问题进行介绍。
Continue Reading 2019年度专利复审·无效十大案件介绍