《电子商务法》第十五条规定,电子商务经营者应当在其首页显著位置,持续公示营业执照信息、与其经营业务有关的行政许可信息、属于依照本法第十条规定的不需要办理市场主体登记情形等信息,或者上述信息的链接标识。前款规定的信息发生变更的,电子商务经营者应当及时更新公示信息。该等信息公示的义务,即为俗称的“亮照”义务。
Continue Reading 新电商双十一关键词(二):电子商务经营者——亮照要求怎么解?

2020年的双十一即将来临。不同往昔,疫情之后,零售企业经历了跌宕起伏的市场冲击,今年的双十一可能承载了商家、消费者极大的希冀,而以直播带货、KOL、社交电商等作为典型的新电商代表,同样正在备战今年的最“燃”双十一。为此,我们将推出新电商双十一关键词系列,解析新电商时代的各种关键词,为新电商的双十一备战助力。
Continue Reading 新电商双十一关键词(一):直播 & 视听证

作者:丁文联、吴佳、谭晓明 金杜律师事务所

2020年9月10日,最高人民法院正式发布了《最高人民法院关于审理侵犯商业秘密民事案件适用法律若干问题的规定》(简称《正式发布稿》),并已于9月12日正式施行。相较于6月10日发布的《关于审理商业秘密纠纷民事案件应用法律若干问题的解释(征求意见稿)》(简称《征求意见稿》)及2007年《最高人民法院关于审理不正当竞争民事案件应用法律若干问题的解释》(简称《07年司法解释》)相关条款,正式发布的司法解释文本发生了不少变化。
Continue Reading 商业秘密保护新动向(上) ——简析商业秘密司法解释征求意见稿到正式发布的变化

On July 12, 2020, Zhejiang Higher People’s Court, Procuratorate and Public Security Bureau jointly released the Minutes for the Conference concerning the Issues of Application of Laws in IP Criminal Cases (Zhe Gao Fa [2020] No. 83, the “Minutes”). The Minutes covers agreements among the authorities on some issues arising out of the IP criminal cases in Zhejiang.
Continue Reading Zhejiang Releases the Minutes for Issues of Application of Law in IP Criminal Cases

2020年7月12日,浙江省高级人民法院、浙江省人民检察院、浙江省公安厅发布了《关于知识产权刑事案件适用法律若干问题的会议纪要》(浙高法[2020]83号,以下简称《纪要》),对该省知识产权刑事案件实践中产生的争议性问题进行了统一。
Continue Reading 浙江省公检法机关发布知识产权刑事案件法律适用问题会议纪要

The recent success by King & Wood Mallesons in representing its Australian client in invalidating series of “西瓜忍者(Watermelon Ninja in Chinese characters)” trademarks, is a good example to show how the CNIPA applies Article 44 (1) in such bad faith related cases.
Continue Reading Invalidation against “西瓜忍者 (Watermelon Ninja in Chinese)” by “水果忍者 (Fruit Ninja in Chinese)” of Hlafbrick Studios Pty Ltd – a Typical Example of how Article 44 Applies to Trademark Squatting

作者:张晓霞  知识产权部 金杜律师事务所

2020年9月10日,最高人民法院向社会公布了《关于审理专利授权确权行政案件适用法律若干问题的规定(一)》(下称“《规定》”),该规定于2020年9月12日起施行。在起草该规定的过程中,曾于2018年7月、2020年4月两次向社会公开征求意见,最终成稿,这也是最高人民法院第一次就专利授权确权行政案件审理过程中出现的问题作出规定。
Continue Reading 简评《关于审理专利授权确权行政案件适用法律若干问题的规定(一)》

試験的学科であるため、バイオテクノロジー分野の予測可能性は低く、特許審査では技術的効果の予期可能の程度について、常に論争が生じている。例えば、審査官は、発明の技術的効果が予期できないため請求項が明細書にサポートされていないと主張する可能性がある。また、その逆、本分野において原理的な指導や、具体的な方向性のない普遍的な技術的要求のみが存在する場合に、従来技術が改良の動機を与えており、技術的効果が合理的に予期できると主張する可能性もある。このような審査意見は、確実な証拠がない場合には反論することが非常に難しい。以下、具体例をいくつか挙げて、上述の状況を説明する。
Continue Reading 注目のバイオテクノロジー分野特許出願の戦略と提案

今年の世界知的所有権の日(4月26日)に、国家知識産権局は2019年度特許復審・無効10大審判事件を公示した。このうち、3件は化学・医薬品分野の発明に関するものであり、その中の2件の特許権者は日本企業である。これらの事件は、社会的影響が大きく、焦点となる問題が典型的であることから、10大事件として抽出されており、これらの具体的な事件における国家知的財産権局復審・無効審理部の判断は、将来の実体審査及び審判に対して大きな影響を与えるものと考えられる。とりわけ、類似の事件においてそれを援用・活用することもできると思われる。
Continue Reading 2019年度特許復審・無効10大審判事件(化学・医薬関連)紹介